人は病を得た時に患者になるのではない(BuzzFeed Japan)

痛風の痛みを消し去る!痛風改善プログラム「痛風革命」の口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:人は生活空間にいて好きなことをしている時、「患者」ではない

人は、生きていれば誰しもが病気にかかります。そして時にはがんのような、命に関わるような大きな病気にも。

では、人はどのときから「患者」になるのでしょうか。

その病気が体に巣食ったとき?

病気によって何か症状がでてきたとき?

それとも医者に「あなたはがんです」と診断されたときでしょうか。

私たち医師が、病院で出会う患者たちは、みな「患者」です。少なくとも私たちはそういった見方をしています。そして、病院に通っている方々も、そのほとんどは「患者」として通院しているでしょう。

ただ、この関係性は時に、患者という役割を着せられた個々人から生きる力を奪ってしまっているのではないかと感じることがあります。
【寄稿:西智弘・緩和ケア医、腫瘍内科医】

いま、話題になっている・・・
痛風の痛みを消し去る!痛風改善プログラム「痛風革命」をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社N.S.JAPANさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!