「危険運転致死傷罪」適用 東名あおり夫婦死亡 男に懲役18年判決(tvkニュース(テレビ神奈川))

株式会社 フリッカースタイルの1000円サイトアフィリ塾+月刊中松ニュースレターコンプリートパッケージのセット 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社 フリッカースタイルの
1000円サイトアフィリ塾+月刊中松ニュースレターコンプリートパッケージのセットについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

東名高速道路であおり運転の末に車を停止させられた夫婦が後続のトラックに追突され死亡した事故をめぐる裁判員裁判で、横浜地裁は14日危険運転致死傷罪の成立を認め石橋和歩被告に懲役18年の判決を言い渡しました。

この瞬間も石橋被告は表情を変えることなくどこか落ち着かない様子で聞いていました。この裁判は、去年6月大井町の東名高速道路でワゴン車の進路を何度も妨害して停止させ、後続のトラックに追突された静岡県の萩山嘉久さんと妻の友香さんを死亡させたなどとして、福岡県の石橋被告が危険運転致死傷罪などに問われていたものです。これまでの裁判で事実関係については検察側と弁護側にほぼ争いはなく走行中の行為を前提としている危険運転致死傷罪が停車したあとの事故でどう解釈されるかなどが争点となっていました。14日の裁判で横浜地裁の深沢茂之裁判長は高速道路で4回にわたってワゴン車の進路を妨害した一連の行為について「死傷事故との間に因果関係が認められる」と危険運転致死傷罪の成立を認めました。一方で、検察側が危険運転と主張していた車を停止させた行為については「危険運転致死傷罪の定める重大な危険を生じさせる速度に含まれると解釈するには無理がある」としました。さらに・・・。「非難を受けたからといって本件犯行に及ぶのは常軌を逸している」「二度と運転しないと口にしているが真摯に反省しているとは認められない」厳しい口調で糾弾し、石橋被告に懲役18年を言い渡しました。弁護側は控訴するかどうか今後検討していくということです。刑事司法に詳しい神奈川大学・法科大学院の白取祐司教授は14日の判決について「車を停止させた行為が危険運転に含まれないという判断は適切で妥当。今後の裁判で先例になる」と話しました。判決を受け、亡くなった萩山さん夫婦の17歳の長女は、「私たちの気持ちを考慮してくれた判決でよかったです」と文書でコメントしました。また萩山嘉久さんの母・文子さんは、「量刑について納得できるものではありませんが、危険運転と認められたことはよかったと思います。これからあおり運転などの危険運転がなくなってくれることを切に願います」とコメントしています。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな