やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか(ITmedia ビジネスオンライン)

ペンタゴン攻略-パチンコ攻略情報会社でクレーマー担当だったパチプロがパチンコ素人でも勝たせるために編み出した攻略法(七翔 大野勉)の悪評のレビューあり?

ペンタゴン攻略-パチンコ攻略情報会社でクレーマー担当だったパチプロがパチンコ素人でも勝たせるために編み出した攻略法を販売している
七翔 大野勉さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:相撲界で、コントみたいな悪循環が起きている(写真提供:ゲッティイメージズ)

たぶん何も変わらないだろう。日本相撲協会は12月19日に開いた理事会で、力士の暴力に対する処分基準を新たに定めて承認。番付に応じて内容が異なり、原則として横綱には引退勧告以上の厳罰を科すなど厳しい方針を打ち出した。

元貴乃花も「同じ穴のムジナ”」だったのか

 相撲界は元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、世間を「またかよ」と大きくあきれ返らせたばかり。しかも約1年前に元横綱・日馬富士に殴られて大ケガを負ったはずの被害者が今度は加害者になってしまった。まるでコントみたいな悪循環だ。

 いくら厳罰を科す形を整えたつもりでも、根本的な解決策にはおそらくつながるまい。新たな処分基準を定めた協会幹部も八角理事長以下、お馴染みの顔ぶれだ。「伏間殿」と揶揄(やゆ)される独特の世界を牛耳る面々が今回の貴ノ岩の不祥事を受けても何の責任も負わず、ノホホンと居座っている。

 元貴ノ岩の新たな師匠となったばかりの千賀ノ浦親方が監督責任を問われ、「けん責処分」となったことを鑑みても、納得できない人は多いのではないか。いずれにしても「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の格言通り、また同じような不祥事が繰り返されそうで怖い。

 不祥事を引き起こした元貴ノ岩に、同情の余地はない。モンゴル人力士の大先輩・日馬富士から殴られ、頭部に生々しい縫い傷を負った写真が各メディアに出回ったときは、世の大半が気の毒に思ったことだろう。日馬富士はもちろん、暴力の場に同席していた横綱・白鵬と鶴竜ら同じモンゴル人力士勢も、「なぜ制止できなかったのか」「もしや加担していたのではないのか」などと激しいバッシングにさらされたのは、記憶に新しいところ。ところが、その悲劇の主人公は先輩力士から不本意ながら味わった苦い経験を、まったく自身の糧にできていなかった。

 そう考えると、約1年前の暴力事件も、元日馬富士や白鵬、鶴竜らが、元貴ノ岩に普段の素行の悪さを注意したことが発端となったのかもしれない。どちらにしても暴力行為が問題であることに変わりはないが、少なくとも元日馬富士だけでなく元貴ノ岩にも力士としての品格が著しく欠如していたことは確かであろう。

 つい最近まで善玉だったはずが、何かのきっかけで途端に悪役へと立場が急変する。本当に何を、そして誰を信用すればいいのか分からない。これは元貴乃花親方・花田光司氏に関しても、同じ構図が当てはまるような気がしている。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:相撲界で、コントみたいな悪循環が起きている(写真提供:ゲッティイメージズ)

たぶん何も変わらないだろう。日本相撲協会は12月19日に開いた理事会で、力士の暴力に対する処分基準を新たに定めて承認。番付に応じて内容が異なり、原則として横綱には引退勧告以上の厳罰を科すなど厳しい方針を打ち出した。

元貴乃花も「同じ穴のムジナ”」だったのか

 相撲界は元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、世間を「またかよ」と大きくあきれ返らせたばかり。しかも約1年前に元横綱・日馬富士に殴られて大ケガを負ったはずの被害者が今度は加害者になってしまった。まるでコントみたいな悪循環だ。

 いくら厳罰を科す形を整えたつもりでも、根本的な解決策にはおそらくつながるまい。新たな処分基準を定めた協会幹部も八角理事長以下、お馴染みの顔ぶれだ。「伏間殿」と揶揄(やゆ)される独特の世界を牛耳る面々が今回の貴ノ岩の不祥事を受けても何の責任も負わず、ノホホンと居座っている。

 元貴ノ岩の新たな師匠となったばかりの千賀ノ浦親方が監督責任を問われ、「けん責処分」となったことを鑑みても、納得できない人は多いのではないか。いずれにしても「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の格言通り、また同じような不祥事が繰り返されそうで怖い。

 不祥事を引き起こした元貴ノ岩に、同情の余地はない。モンゴル人力士の大先輩・日馬富士から殴られ、頭部に生々しい縫い傷を負った写真が各メディアに出回ったときは、世の大半が気の毒に思ったことだろう。日馬富士はもちろん、暴力の場に同席していた横綱・白鵬と鶴竜ら同じモンゴル人力士勢も、「なぜ制止できなかったのか」「もしや加担していたのではないのか」などと激しいバッシングにさらされたのは、記憶に新しいところ。ところが、その悲劇の主人公は先輩力士から不本意ながら味わった苦い経験を、まったく自身の糧にできていなかった。

 そう考えると、約1年前の暴力事件も、元日馬富士や白鵬、鶴竜らが、元貴ノ岩に普段の素行の悪さを注意したことが発端となったのかもしれない。どちらにしても暴力行為が問題であることに変わりはないが、少なくとも元日馬富士だけでなく元貴ノ岩にも力士としての品格が著しく欠如していたことは確かであろう。

 つい最近まで善玉だったはずが、何かのきっかけで途端に悪役へと立場が急変する。本当に何を、そして誰を信用すればいいのか分からない。これは元貴乃花親方・花田光司氏に関しても、同じ構図が当てはまるような気がしている。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です