「2018年は地獄だった」 山根明氏が明かした“黒い疑惑と辞任決意”の真相(AbemaTIMES)

【彼氏と別れるガイドブック】別れの成功率92%!別れさせた人数7536人の実績!の噂と実践者の口コミ

【彼氏と別れるガイドブック】別れの成功率92%!別れさせた人数7536人の実績!が
話題になっているけど知ってますか?

●CHとかでも
スレが多くなってきて、いろんな噂が飛び交っている感じです。

出典元:山根明氏

日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(79)が、不正疑惑などで会長を辞任した激動の一年を振り返って「2018年は地獄だった」と言及。また、辞任を決意した真意についても明かした。

 12月31日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー ゆく炎上くる炎上 大晦日完全決着4時間スペシャル!』に生出演した山根氏は、「12の告訴状のうち1つだけ間違いがありました」と切り出した。「助成金の配分に対して、一人の選手に渡るより、三人で分けた事。これは僕自身がお金を取ったわけではありませんが、他の二人の選手も素晴らしい選手でした。一人だけ選ぶことができず『君がもらったものを、先輩方にもどうだね』と話したら、『喜んでそのようにさせていただきます』ということだった。ただ、ルールはルール。僕自身、知識不足で三等分してしまったわけですが……」と告訴状の内容について一部、非を認めた山根氏は「それ以外に何ら間違いはありません」と主張した。

 さらに辞任ゲストが語る「トドメの一撃」というテーマで話を続けた山根氏は、反社会勢力との関係について「1960年~1970年、反社会的問題が」と話すと「ある人物が、私の家内の店のチーママを『午前1時半に事務所に来い』と呼び出し、『2、3日以内に山根が引退しなければ、過去をメディアにバラす』と。その報告を午前2時半に受け、僕もキレました。反社会的な人物が介入し、脅してきた。そして僕自身、責任を取るつもりでそのことを暴露している。命がけですから、僕の体に傷がついたらということで、3人ほどの名前を挙げています」と辞任劇にまつわるエピソードを披露した。

 そのうえで、在職中における反社会勢力との関係については「教育の一環としてアマチュアスポーツをやっている時点で、闇取引などできない」ときっぱり否定したが、「高校生など学生たちに心配をかけてしまい申し訳なかった」と反省した山根氏に対し、MCを務めるお笑いタレントの千原ジュニアが「で、責任を取ったと?」と短く投げ掛けると、「そうです」と力強く何度も頷いていた。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。