ソラシド、初日の出・初詣フライト 羽田から青島神社参拝(Aviation Wire)

失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法のネタバレと体験談

株式会社レインメーカーの
失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:ソラシドエアの初日の出フライト6J2019便から見た初日の出と富士山=19年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

ソラシドエア(SNJ/6J)は1月1日、2回目となる初日の出フライトを実施した。就航15周年記念の前回と同様、宮崎・青島神社での初詣をセットにした日帰りツアーとなった。

【ソラシドの初日の出・初詣フライト】

 初日の出フライトは、羽田-宮崎を往復するチャーター便(ボーイング737-800型機、登録番号JA807X)。富士山付近の上空で御来光を拝む宮崎行き6J2019便は、乗客161人(報道関係者など含む)を乗せて羽田空港のD滑走路(RWY05)を午前6時に離陸し、宮崎には午前8時40分に到着した。

 羽田を出発前、和服姿の高橋宏輔社長は、「九州・沖縄の翼ということで、これまでは羽田発着の初日の出フライトを行ってこなかったが、昨年宮崎へお連れして初詣していただいたのが好評だったので今年も実施を決めた」と、昨年と同じく初詣を合わせた初日の出フライト実施を決めた経緯を説明した。

 羽田を離陸後は静岡県沼津市から北上し、富士山の西側、南アルプス上空の高度1万9000フィート(約5800メートル)で午前6時41分から初日の出を観賞。各社が実施する初日の出フライトで、一番人気の飛行ルートを抽選で引き当てたという。鑑賞後の機内では、モデルプレーンなどが当たる抽選会が開かれた。

 到着地の宮崎空港では、県のキャラクター「みやざき犬」などが出迎えた。参加者は宮崎市の青島神社を参拝してホテルで昼食後、宮崎空港へ戻り、6J0101便で羽田へ戻った。

 初日の出フライトのパイロットは3人で、松末武史(たけひと)機長と山本哲生副操縦士のほか、コックピットからの案内役として上條里和子(りなこ)副操縦士が同乗。松末機長と上條副操縦士は昨年に続いての乗務で、松末機長が初日の出鑑賞時の高度などを機内アナウンスで説明したほか、上條副操縦士が飛行ルートなどを案内した。

 機内では制服姿の客室乗務員4人のほか、着物を着用した客室乗務員も同乗。おせち料理風の機内食や飲み物、搭乗証明書、おみやげが乗客に手渡された。料金は、窓側から2席分で10万2000円、3席分で14万3000円、通路側1席が4万1000円だった。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。