スカイマーク、3月から新アルコール検知機 機長飲酒で再発防止策(Aviation Wire)

友達ができる!周りに誰も友達がいなかった孤独人間が、たった1ヶ月で10人の友達が集まって誕生日パーティーを開いてもらえるようにまでなった!【友達作りプログラム】(本勝 裕之)の悪評のレビューあり?

友達ができる!周りに誰も友達がいなかった孤独人間が、たった1ヶ月で10人の友達が集まって誕生日パーティーを開いてもらえるようにまでなった!【友達作りプログラム】を販売している
本勝 裕之さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:パイロット飲酒問題で国交省へ再発防止策を提出したスカイマーク=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

2018年11月に機長が乗務前のアルコール検査で陽性反応が出て交代し、乗務予定便が遅れた問題を受け、スカイマーク(SKY/BC)は1月18日、国土交通省航空局(JCAB)へ再発防止策を提出した。また、機長の推定呼気アルコール濃度が、陽性反応が出た段階で基準値を超えていた可能性が高いと結論づけた。スカイマークは、3月をめどに新しいアルコール検知機を導入するなど、再発防止策を実施していく。

◆2カ月乗務停止

 機長は11月14日の羽田発札幌(新千歳)行きBC705便(ボーイング737-800型機、登録番号JA737R)に乗務予定だった。機長が出発1時間前の午前7時40分に出社し、アルコール検査を実施したところ陽性反応だったため、別の検査機器による再検査を実施しようとした際、検査時に参照すべき取扱説明書が見つからなかったことから測定できず、機長を交代させた。

 社内調査の結果、別の機長と交代後の午前9時37分に実施した2回目の検査で、同社が乗務不可とする基準値1リットル当たり0.15ミリグラムを下回る、同0.10ミリグラムのアルコールが機長から検出され、午前10時6分実施の3回目の検査結果は同0.08ミリグラムだった。

 このため、スカイマークでは出社時のアルコール濃度が基準値を超えていた可能性が高いと判断。機長は2カ月間の乗務停止処分を受けた。スカイマークも、国交省から12月21日に厳重注意を受けた。

 機長が乗務予定だった札幌行きBC705便は、乗客154人(幼児なし)と乗員7人(パイロット3人、客室乗務員4人)を乗せ、羽田を定刻より23分遅れとなる午前9時3分に出発し、札幌には同14分遅れの午前10時34分に到着した。

◆3月に新検知機導入

 機長は乗務前日に午後3時から同7時まで缶ビール(500ミリリットル)を7本飲んでいた。規定では出発時刻の12時間以降の飲酒は禁止しており、制限時間は守っていたものの、機長が自身のアルコール分解能力を把握していなかったことから、乗務前の検査で陽性反応が出たとしている。

 また、スカイマークが18日に国交省へ提出した報告書によると、飲酒に関する規定がこの機長を含め社内で十分に理解されておらず、規定の内容や運用にも課題があると分析。パイロットへのアルコールに関する再教育や、アルコール検査の実施要領の作成、測定値が数字で表示され、検査結果を記録できる新しい検知機による検査を3月1日をめどに開始し、9月末からは検査記録システムを導入するなどの再発防止策をまとめた。

 新検知機導入後は、社内の監査部門が予告なしの随時監査を実施するという。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:パイロット飲酒問題で国交省へ再発防止策を提出したスカイマーク=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

2018年11月に機長が乗務前のアルコール検査で陽性反応が出て交代し、乗務予定便が遅れた問題を受け、スカイマーク(SKY/BC)は1月18日、国土交通省航空局(JCAB)へ再発防止策を提出した。また、機長の推定呼気アルコール濃度が、陽性反応が出た段階で基準値を超えていた可能性が高いと結論づけた。スカイマークは、3月をめどに新しいアルコール検知機を導入するなど、再発防止策を実施していく。

◆2カ月乗務停止

 機長は11月14日の羽田発札幌(新千歳)行きBC705便(ボーイング737-800型機、登録番号JA737R)に乗務予定だった。機長が出発1時間前の午前7時40分に出社し、アルコール検査を実施したところ陽性反応だったため、別の検査機器による再検査を実施しようとした際、検査時に参照すべき取扱説明書が見つからなかったことから測定できず、機長を交代させた。

 社内調査の結果、別の機長と交代後の午前9時37分に実施した2回目の検査で、同社が乗務不可とする基準値1リットル当たり0.15ミリグラムを下回る、同0.10ミリグラムのアルコールが機長から検出され、午前10時6分実施の3回目の検査結果は同0.08ミリグラムだった。

 このため、スカイマークでは出社時のアルコール濃度が基準値を超えていた可能性が高いと判断。機長は2カ月間の乗務停止処分を受けた。スカイマークも、国交省から12月21日に厳重注意を受けた。

 機長が乗務予定だった札幌行きBC705便は、乗客154人(幼児なし)と乗員7人(パイロット3人、客室乗務員4人)を乗せ、羽田を定刻より23分遅れとなる午前9時3分に出発し、札幌には同14分遅れの午前10時34分に到着した。

◆3月に新検知機導入

 機長は乗務前日に午後3時から同7時まで缶ビール(500ミリリットル)を7本飲んでいた。規定では出発時刻の12時間以降の飲酒は禁止しており、制限時間は守っていたものの、機長が自身のアルコール分解能力を把握していなかったことから、乗務前の検査で陽性反応が出たとしている。

 また、スカイマークが18日に国交省へ提出した報告書によると、飲酒に関する規定がこの機長を含め社内で十分に理解されておらず、規定の内容や運用にも課題があると分析。パイロットへのアルコールに関する再教育や、アルコール検査の実施要領の作成、測定値が数字で表示され、検査結果を記録できる新しい検知機による検査を3月1日をめどに開始し、9月末からは検査記録システムを導入するなどの再発防止策をまとめた。

 新検知機導入後は、社内の監査部門が予告なしの随時監査を実施するという。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。