出生前検査は自由に行える方がいいのか? みなさんの声を届けてほしい(BuzzFeed Japan)

岡田 由枝の医師が教える!男性のトイレが近い(頻尿)・尿漏れ・尿失禁を解決する方法(特典5点付き) 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

岡田 由枝の
医師が教える!男性のトイレが近い(頻尿)・尿漏れ・尿失禁を解決する方法(特典5点付き)について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:子どもの健康を願わない妊婦はいないだろう

ダウン症候群をはじめとした3種類の胎児の染色体異常を高い精度でスクリーニング(リスクが高い人をピックアップ)できる、新型出生前検査(NIPT)。

2013年4月に国内の医療施設での実施が始まり、約6年が経ちました。

それまでも日本では羊水検査、妊婦の血液で胎児の病気の確率を調べるクアトロ検査(母体血清マーカー検査)などの出生前検査に妊婦がアクセスすることができていました。

年齢や家族の病歴、既往歴などによる制限が全くないわけではありませんが実質、規制なく運用されていたのです。

しかし、新型出生前検査だけは特別、厳しい規制がかけられてきました。なぜなのでしょうか?
【寄稿:宋美玄・産婦人科医 / BuzzFeed Japan Medical】

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です