ワイプ被りに誤訳…「新元号」会見で注目を浴びた“手話通訳”の奥深さ 「方言、若者言葉、敬語、下ネタ」まで幅広く(AbemaTIMES)

【再販売権利付】会員制ビジネスを簡単に始められる、GateKeeper!の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

塚田 剛の
【再販売権利付】会員制ビジネスを簡単に始められる、GateKeeper!が、
とても気になっているんですよね。

出典元:音が近ければ間違いは起こると専門家

1日に菅官房長官が行った新元号発表会見。その中継では菅官房長官が掲げた新元号「令和」の額に手話通訳のワイプ画面が被さったり、令和を「めいわ」と誤訳したりしたことが話題となり、手話通訳士の仕事が改めて注目を集めた。

 政府の会見に手話通訳士を伴うようになったきっかけは、2011年3月に発生した東日本大震災。発生の2日後から政府の会見に同伴するようになった手話通訳士は、聴覚障がい者に対して緊急情報を余すことなく伝えるなど活躍した。連日のように会見が行われた当時は、いつ何時、会見が行われてもいいように、手話通訳士はスーツ姿で宿泊、スタンバイしていたという。

 新元号発表会見を見ていた聴覚に障がいを持つある男性は「感動しています。30年前の聴覚障がい者は何の情報もなく、ただただ『平成』の字を見るしかなかった。この30年で国民の一大事にインパクトを残せる位置に手話通訳がいる。これはすごい進歩です」と感慨深そうに自身のツイッターで呟いている。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?