羽生善治九段、史上最多タイ1433勝なるか 谷川浩司九段とレジェンド同士の対局中/王位戦挑戦者決定リーグ(AbemaTIMES)

最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」(海外発送版)の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

株式会社 チカラインターナショナルの
最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」(海外発送版)が、
とても気になっているんですよね。

出典元:羽生善治九段(左)と谷川浩司九段

将棋の羽生善治九段(48)が5月23日、王位戦挑戦者決定リーグ白組の最終5回戦で、谷川浩司九段(57)と午前10時から対局中だ。羽生九段は、前日までの成績が2024局で1432勝590敗2持将棋、勝率0.708(未公開の対局を含む)。本局に勝利すれば、大山康晴十五世名人が持つ最多勝利記録、1433勝に並ぶ。

 羽生九段と谷川九段といえば、どちらも中学生でプロ棋士となり、さらには永世名人の資格を持つ、まさにレジェンド同士。羽生九段は「七冠独占」「永世七冠」など数々の偉業を成し遂げたが、谷川九段も「光速の寄せ」を武器に、史上最年少21歳で名人位を獲得した。2人の対局は今回で167局目。これは大山康晴十五世名人と升田幸三実力制第四代名人との対局と並んで、史上2位タイだ(1位は中原誠十六世名人と米長邦雄永世棋聖の187局)。

 対局の持ち時間は各4時間で、先手は谷川九段。羽生九段は勝利すればリーグ戦を4勝1敗で終え、白組で優勝もしくはプレーオフが確定。敗れた場合も、中村太地七段(30)、永瀬拓矢叡王(26)がともに敗れれば、前年度成績により優勝が決まる。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?