ジェットスター・ジャパン、6月に70便欠航 パイロット病欠、7500人に影響(Aviation Wire)

株式会社AQU先端テクノロジー総研の最新リセールライトで情報起業、プライベートラベルセット 『ガルーダ』 (再販権付)購入者が言う実際の評判

株式会社AQU先端テクノロジー総研の
最新リセールライトで情報起業、プライベートラベルセット 『ガルーダ』 (再販権付)に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:6月に70便を欠航する見込みのジェットスター・ジャパン=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は6月3日、月内の一部便を欠航すると発表した。パイロットの体調不良や有給休暇取得によるもので、今後は国内・国際線合わせて27往復54便を減便する。1日と2日も一部で欠航し、すでに欠航した分も合わせると35往復70便となり、約7500人に影響が出る見込み。減便は6月のみで、7月以降は計画どおりに運航できる見通し。

 今後の減便対象となるのは国内8路線と国際2路線の計10路線。6月8日から30日までの計15日間で、国内線は22往復44便、国際線は5往復10便を運休する。

 国内線は成田発着の札幌と松山、福岡、熊本、宮崎、那覇の6路線と、中部(セントレア)発着の札幌と鹿児島の2路線が対象となる。このうち最も多いのが成田-宮崎線で、14日と25日の宮崎行きGK633便など、6往復12便が減便の対象となる。

 国際線は成田発着路線のみが対象で、台北(桃園)と上海(浦東)の2路線で減便が発生。台北線の3往復6便が最も多く、上海線は2往復4便を減便する。

 このほか1日と2日の両日も一部で欠航が発生し、1日の成田-札幌線や宮崎線など、2日間合わせて国内線7往復14便、国際線1往復2便が欠航。今後の予定便と合わせ、6月は35往復70便が欠航となる見通し。

 ジェットスターでは4月から5月にかけて、パイロット9人(機長4人、副操縦士5人)に体調不良などが相次いだ。また、同社の期末にあたる6月末までに有給休暇を取得するため、一部のパイロットが乗務から外れる。今回の欠航はこれらに起因するもので、同社では7月以降は計画どおりに運航できると説明している。

 対象となる便を予約した利用客には、便の振り替えや払い戻しなどで対応する。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな