羽田空港、旅客便の試験飛行を20年1月実施へ 新飛行経路(Aviation Wire)

後藤孝規のWoman master Project 映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ 返金保障、最強の特典&最強のサポート付きをつくった株式会社ICAの真実!ネタバレとレビュー

株式会社ICAさんがつくった
後藤孝規のWoman master Project 映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ 返金保障、最強の特典&最強のサポート付きがいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:旅客便による試験飛行を20年1月以降に実施する羽田空港=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

国土交通省航空局(JCAB)は、2020年3月から運用を開始する羽田空港の新飛行経路について、試験飛行を1月下旬以降に実施する。航空会社が運航する乗客が乗った旅客便を使用する。

 新飛行経路の運用は、3月29日に始まる夏ダイヤから。これにより国際線の発着回数が3万9000回増え、現在の年間6万回から9万9000回に拡大する。

 発着回数の拡大で、発着枠を1日あたり50枠増やして増便に対応し、7月の東京オリンピック・パラリンピック開幕に備える。半数近い24枠を米国路線に充て、日米に12枠ずつ振り分けた。発着枠は出発と到着を合わせて1枠としてカウントしており、12枠を便数で表記する場合、1往復をセットで数えると12便(12往復)、片道ずつ個別の便として数えると24便になる。

 また、新飛行経路で使用する航空保安施設が完成したことから、JCABは飛行検査機サイテーションCJ4を使用し、施設の稼働状況などを8月30日から12月下旬にかけて確認する。滑走路への進入コースを指示するILS(計器着陸装置)や、GPSなどで自機の位置を算出して任意の経路を飛行する航法「RNAV(広域航法)」による出発・進入、航空機を高精度に監視するWAM(広域マルチラテレーション)といった無線施設などが検査対象で、東京と神奈川、埼玉、千葉の各都県上空を飛行する。

 飛行検査の実施と並行して、発着調整を9月から1月はじめごろまでに進める。12月下旬から新飛行経路を周知し、1月下旬以降に旅客便による試験飛行を実施することで、3月の運用開始に備える。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。